小児科、循環器科のご相談は長崎市万屋町のやなぎクリニックへ
本文へ移動
すべては患者様のために。
当院では、赤ちゃんからご高齢の方まで広く診療をおこなっております。
患者様の健康と安心を守り続ける医療を提供いたします。

新着情報とお知らせ

長崎新聞健康欄「風疹とおなかの赤ちゃん」
2019-05-20
注目
5月20日の長崎新聞健康欄で、
「風疹とおなかの赤ちゃん」という記事を書かせていただきました。

〜記事から一部抜粋 改変〜
昨年から、流行が拡大している風疹。
2018年は、2,917人の報告がありましたが、
今年は4月時点ですでに、1000人を超す報告があり今後さらに多くなると予想されています。

風疹とは、風疹ウイルスによっておこる感染症で、
主な症状は、3〜4日程度の発熱と発疹、さらに、50%ぐらいのひとは耳の後ろのリンパ節が腫れます。
まれに、脳炎や紫斑病(出血しやすくなる病気)になることがあります。
しかし、風疹の怖さは、「先天性風疹症候群」にあると言えます。
妊娠20週頃までの女性に感染すると、お腹の赤ちゃんも胎内感染してしまいます。
産まれてきたときに、耳や目が不自由になったり、心臓の病気、精神や身体の発達の遅れといったあらゆる症状がみられす

では、なぜ、風疹は流行するのでしょうか、そこには大きく2つ理由があります。
(1)風疹になったかわからない:風疹にかかっても、20%ぐらいのひとは症状がでないこと(不顕性感染)があるため、気づかないこともあります。また、4人に1人は、咳や鼻汁、関節痛の症状がでるので、「かぜ」の診断をされることもあります。
(2)ウイルスの感染力が強い:発疹などの症状がでる1週間前から、症状がでて1週間後まで、インフルエンザよりも強い感染力があるといわれています。
 
治療には、特効薬はありません
ワクチンで予防可能な疾患です。
自分と家族、そして周囲の人々を風疹とその合併症から守り、生まれてくる赤ちゃんを先天性風疹症候群から守るためにも、抗体検査やワクチンを接種しましょう。

抗体検査のことや、今後、年齢によって無料でワクチンを接種できることなど、書かせていただきました。
長崎新聞の健康欄を御覧ください!
 
 
医療法人やなぎクリニック
〒850-0852
長崎県長崎市万屋町6番15号
アイキッズビル2F
TEL.095-820-3105
FAX.095-823-7696
 
 
TOPへ戻る